【人事担当者向け】2019年4月からの法改正で必要となる長時間労働対策とは?【株式会社iCARE】

この動画は無料会員登録の上、ログインしてご覧下さい。
  会員登録(無料)   ログイン

プログラム

【人事担当者向け】2019年4月からの法改正で必要となる長時間労働対策とは?

2019年4月より始まる働き方改革関連法。その中でも特に大切になるのが「長時間労働の是正」です。

具体的に企業に求められるのは、下記の3つということを人事担当者であるみなさんはご存じでしょうか?

・時間外労働の上限設定について

・上限規制を超えた長時間労働者の対応対策

・産業医、産業保健機能の強化

これらをどのように行えばよいのかは、まだまだ企業に浸透していないのが実情です。

本動画では、働くひとと組織のプロフェッショナルである株式会社iCAREが、2019年4月から企業に求められる長時間労働対策を徹底解説し、長時間労働対策に関して理解しておくこと、行わなければならないことを伝授します。

 

 

 

講師紹介

株式会社iCARE
Sales&Marketing
Vice President of Carely
中野 雄介(なかの・ゆうすけ)

第一号社員として2015年11月に株式会社iCAREにジョイン。

以来、Sales&Marketing担当として400社以上の衛生委員会立ち上げやストレスチェック実施、メンタル不調者対応などの健康管理に携わる。

2017年には東京商工会議所が行う健康経営アドバイザーにも認定される。