業務自動化(RPA)のキモは“データ中心アプローチ”

アステリア株式会社

プログラム

業務自動化(RPA)のキモは“データ中心アプローチ”

少子高齢化による深刻な人手不足や長時間労働などの問題を改善するために、ホワイトカラーの定型業務を自動化・効率化するRPA (Robotic Process Automation)ツールが急速に普及・発展し、業種・業界を問わずさまざまな企業へ導入が進む一方で

 

・そもそもツールを使いこなせずに成果が出せない

・取り扱うデータ量が多くてパフォーマンスが上がらない

・自動化できる範囲が限られている

 

といった課題も見えてきています

本動画では、最新の事例を交えて、「"データ"に直接アプローチする」RPAとして、国内シェアNo.1のデータ連携ツール「ASTERIA Warp」を活用した業務自動化のネクストステップをご紹介いたします。

講師紹介

サムネイル

アステリア株式会社

エンタープライズ本部 営業推進部 / 部長

東出 武也(ひがしで・たけや)

大学卒業後、ユーザー系SIerにてプロジェクト案件の開発に従事した後、2001年にアステリア株式会社(旧インフォテリア)に入社

ASTERIA Warpのプリセールスやセミナー担当を経て、ASTERIA Warp製品担当として製品企画やプロモーションに従事。

プログラム

業務自動化(RPA)のキモは“データ中心アプローチ”

少子高齢化による深刻な人手不足や長時間労働などの問題を改善するために、ホワイトカラーの定型業務を自動化・効率化するRPA (Robotic Process Automation)ツールが急速に普及・発展し、業種・業界を問わずさまざまな企業へ導入が進む一方で

 

・そもそもツールを使いこなせずに成果が出せない

・取り扱うデータ量が多くてパフォーマンスが上がらない

・自動化できる範囲が限られている

 

といった課題も見えてきています

本動画では、最新の事例を交えて、「"データ"に直接アプローチする」RPAとして、国内シェアNo.1のデータ連携ツール「ASTERIA Warp」を活用した業務自動化のネクストステップをご紹介いたします。

講師紹介

サムネイル

アステリア株式会社

エンタープライズ本部 営業推進部 / 部長

東出 武也(ひがしで・たけや)

大学卒業後、ユーザー系SIerにてプロジェクト案件の開発に従事した後、2001年にアステリア株式会社(旧インフォテリア)に入社

ASTERIA Warpのプリセールスやセミナー担当を経て、ASTERIA Warp製品担当として製品企画やプロモーションに従事。

もっと読む

閉じる