【IT時代の人事・労務】働き方改革に伴う法改正と実務対応(後編)

弁護士ドットコム株式会社

プログラム

【IT時代の人事・労務】 デジタル化・働き方改革に伴う法改正と実務対応(後編)

前編のセミナーがセッション本編となります。

後編となる本編では、ご来場の皆様より事前にお伺いしていたご質問や、企業法務・人事などのバックオフィス業務の経験を持つモデレーターによる質問に、講師の弁護士が回答するQ&A形式のセッションとなります。

前編の内容は以下の通りです。

===================
1 労働条件通知書のデジタル化解禁について
 ・ 労働基準法15条の労働条件明示の方法が変わること
 ・ 要件である「本人の希望」はどのように確認すればよいか
 ・ 労働条件通知書だけでなく雇用契約書もデジタル化してよいか

2 募集・採用活動における法律上の注意点

 ・ その求人票の表記、大丈夫?
 ・ 面接で聞いてよいこと、いけないこと
 ・ 採用時に健康情報を確認することは違法か
 ・ 実務上、雇用契約書に入れるべきこと

3 働き方改革関連法の実務対応

 ・ 新たな三六協定の書き方
 ・ 年休の年5日時季指定義務はどう運用するか
 ・ 就業規則の改正は必要か

===================

本セミナー動画に関する注意事項

当社および講師は、本セミナー動画の作成にあたり、正確な情報を記載するよう十分に注意を払っておりますが、本セミナー動画に記載された情報、資料等の正確性及び信頼性について、明示的、 黙示的にかかわらず、いかなる保証もいたしません。

講師紹介

サムネイル

弁護士ドットコム株式会社

石嵜・山中総合法律事務所 / ヴァイスパートナー

橘 大樹(たちばな・ひろき)

2005年 慶応義塾大学法学部法律学科卒業

2007年 一橋大学法科大学院修了  新司法試験合格

2008年 司法修習終了(新61期)  弁護士登録(第一東京弁護士会) 石嵜信憲法律事務所入所

2015年9月 ヴァイスパートナー就任

サムネイル

弁護士ドットコム株式会社

サインのリ-デザイン編集長

橋詰 卓司(はしづめ・たくじ)

通信・放送業、人材業、スマホアプリ業の法務責任者を経て、現在、弁護士ドットコム クラウドサイン事業が運営する契約を再発明するメディア「サインのリ・デザイン」編集長。『良いウェブサービスを支える「利用規約」の作り方』(技術評論社)ほか著。

プログラム

【IT時代の人事・労務】 デジタル化・働き方改革に伴う法改正と実務対応(後編)

前編のセミナーがセッション本編となります。

後編となる本編では、ご来場の皆様より事前にお伺いしていたご質問や、企業法務・人事などのバックオフィス業務の経験を持つモデレーターによる質問に、講師の弁護士が回答するQ&A形式のセッションとなります。

前編の内容は以下の通りです。

===================
1 労働条件通知書のデジタル化解禁について
 ・ 労働基準法15条の労働条件明示の方法が変わること
 ・ 要件である「本人の希望」はどのように確認すればよいか
 ・ 労働条件通知書だけでなく雇用契約書もデジタル化してよいか

2 募集・採用活動における法律上の注意点

 ・ その求人票の表記、大丈夫?
 ・ 面接で聞いてよいこと、いけないこと
 ・ 採用時に健康情報を確認することは違法か
 ・ 実務上、雇用契約書に入れるべきこと

3 働き方改革関連法の実務対応

 ・ 新たな三六協定の書き方
 ・ 年休の年5日時季指定義務はどう運用するか
 ・ 就業規則の改正は必要か

===================

本セミナー動画に関する注意事項

当社および講師は、本セミナー動画の作成にあたり、正確な情報を記載するよう十分に注意を払っておりますが、本セミナー動画に記載された情報、資料等の正確性及び信頼性について、明示的、 黙示的にかかわらず、いかなる保証もいたしません。

講師紹介

サムネイル

弁護士ドットコム株式会社

石嵜・山中総合法律事務所 / ヴァイスパートナー

橘 大樹(たちばな・ひろき)

2005年 慶応義塾大学法学部法律学科卒業

2007年 一橋大学法科大学院修了  新司法試験合格

2008年 司法修習終了(新61期)  弁護士登録(第一東京弁護士会) 石嵜信憲法律事務所入所

2015年9月 ヴァイスパートナー就任

サムネイル

弁護士ドットコム株式会社

サインのリ-デザイン編集長

橋詰 卓司(はしづめ・たくじ)

通信・放送業、人材業、スマホアプリ業の法務責任者を経て、現在、弁護士ドットコム クラウドサイン事業が運営する契約を再発明するメディア「サインのリ・デザイン」編集長。『良いウェブサービスを支える「利用規約」の作り方』(技術評論社)ほか著。

もっと読む

閉じる