大規模システムにおける、属人化されたシステム運用からの脱却法

  • 株式会社野村総合研究所

プログラム

大規模システムにおける、属人化されたシステム運用からの脱却法

クラウドの利用が急速に進んでいますが、新旧システムが混在し、システム運用現場では人手での対応が限界に来ています。

システム運用改善のポイントは「氾濫するメッセージの削減」「対応手順書のシステム化」「AIによる対応のレコメンド」の3つ。

NRIのシステム運用ノウハウが集約された、クラウド型運用基盤「mPLAT」で、カオスなシステム環境の統合管理を実現します。

講師紹介

サムネイル
株式会社野村総合研究所
クラウド運用ソリューション事業部 / 主任
水鳥 裕太(みずとり・ゆうた)

2007年野村総合研究所入社、システム運用管理製品(Senju Family / mPLAT)の製品企画、開発およびITサービスマネジメントコンサルティングに従事。ITIL Expert