注目のファイル添付機能~AIでお手伝いするペーパーレス会計

株式会社ICSパートナーズ

プログラム

注目のファイル添付機能~AIでお手伝いするペーパーレス会計

企業では「企業活動で必要な」「保存義務のある」多種多様な紙が存在します。

1998年7月に国税関係帳簿書類の全部又は一部を電子データによる保存を認めた法律が制定されました、それが電子帳簿保存法です。

更に2005年3月に改正され、紙媒体の書類をスキャナで電子化して保存の規定がe-文書保存法として追加されています。

これにより、具体的には総勘定元帳などの書類を紙媒体に代えて、電子データとして保存することができるようになり、e-文書保存法では領収書などの国税関係帳簿書類をスキャナで読み取って電子保存することが出来るようになりました。

                   

電子帳簿保存法の申請社数は年々増加してきておりますが、まだ実現する為の障壁もあります。

今回は企業のペーパーレス化に向けた取り組み、具体的なメリット、障壁、実現するポイントを大手中堅企業様の会計システム構築に多々従事している立場から企業の生の声を元にご紹介とともに、AI技術を活用したペーパーレス会計、更にはファイル添付機能を強力にサポートする会計ワークフローを戦略情報会計システムOPEN21SIASにてご紹介致します。

講師紹介

サムネイル

株式会社ICSパートナーズ

東京事業所 / 所長

吉田 金吾(よしだ・きんご)

ICSパートナーズ札幌事業所長を長年勤務。2017年より東京事業所長就任

中堅・大手の民間企業、公益法人などの業務系システム構築プロジェクトに従事。

プログラム

注目のファイル添付機能~AIでお手伝いするペーパーレス会計

企業では「企業活動で必要な」「保存義務のある」多種多様な紙が存在します。

1998年7月に国税関係帳簿書類の全部又は一部を電子データによる保存を認めた法律が制定されました、それが電子帳簿保存法です。

更に2005年3月に改正され、紙媒体の書類をスキャナで電子化して保存の規定がe-文書保存法として追加されています。

これにより、具体的には総勘定元帳などの書類を紙媒体に代えて、電子データとして保存することができるようになり、e-文書保存法では領収書などの国税関係帳簿書類をスキャナで読み取って電子保存することが出来るようになりました。

                   

電子帳簿保存法の申請社数は年々増加してきておりますが、まだ実現する為の障壁もあります。

今回は企業のペーパーレス化に向けた取り組み、具体的なメリット、障壁、実現するポイントを大手中堅企業様の会計システム構築に多々従事している立場から企業の生の声を元にご紹介とともに、AI技術を活用したペーパーレス会計、更にはファイル添付機能を強力にサポートする会計ワークフローを戦略情報会計システムOPEN21SIASにてご紹介致します。

講師紹介

サムネイル

株式会社ICSパートナーズ

東京事業所 / 所長

吉田 金吾(よしだ・きんご)

ICSパートナーズ札幌事業所長を長年勤務。2017年より東京事業所長就任

中堅・大手の民間企業、公益法人などの業務系システム構築プロジェクトに従事。

もっと読む

閉じる