【IT時代の企業法務】電子契約の証拠力と訴訟実務対応(前編)

弁護士ドットコム株式会社

プログラム

【IT時代の企業法務】電子契約の証拠力と訴訟実務対応(前編)

2015年10月のリリースから約3年半で累計導入社数が4万社を突破、毎月2000社以上のペースで急速にしている電子契約サービス「クラウドサイン」 自社では導入していなくても、取引先から「電子契約での締結」の申し出を受けたご経験がある企業様も増えてきたのではないでしょうか。

本セミナーでは、裁判官のご経験もあり、民事訴訟の実務に詳しい島田法律事務所の圓道至剛先生に【電子契約の証拠力と訴訟実務対応】についての解説をしていただきました。

電子契約に関する法律の概要と証拠力に加え、訴訟の際にクラウド型の電子契約を「どのように証拠として用いるか」について具体的なイメージを持っていただくことができる内容となっております。

※クラウドサインでは、圓道至剛先生監修の「訴訟サポート資料」も提供しており、資料の解説も含まれております。

弁護士監修「クラウドサイン訴訟サポート資料」は、クラウドサインサービスサイトよりダウンロードしていただけます。

講師紹介

サムネイル

弁護士ドットコム株式会社

サインのリ-デザイン編集長

橋詰 卓司(はしづめ・たくじ)

通信・放送業、人材業、スマホアプリ業の法務責任者を経て、現在、弁護士ドットコム クラウドサイン事業が運営する契約を再発明するメディア「サインのリ・デザイン」編集長。『良いウェブサービスを支える「利用規約」の作り方』(技術評論社)ほか著。

プログラム

【IT時代の企業法務】電子契約の証拠力と訴訟実務対応(前編)

2015年10月のリリースから約3年半で累計導入社数が4万社を突破、毎月2000社以上のペースで急速にしている電子契約サービス「クラウドサイン」 自社では導入していなくても、取引先から「電子契約での締結」の申し出を受けたご経験がある企業様も増えてきたのではないでしょうか。

本セミナーでは、裁判官のご経験もあり、民事訴訟の実務に詳しい島田法律事務所の圓道至剛先生に【電子契約の証拠力と訴訟実務対応】についての解説をしていただきました。

電子契約に関する法律の概要と証拠力に加え、訴訟の際にクラウド型の電子契約を「どのように証拠として用いるか」について具体的なイメージを持っていただくことができる内容となっております。

※クラウドサインでは、圓道至剛先生監修の「訴訟サポート資料」も提供しており、資料の解説も含まれております。

弁護士監修「クラウドサイン訴訟サポート資料」は、クラウドサインサービスサイトよりダウンロードしていただけます。

講師紹介

サムネイル

弁護士ドットコム株式会社

サインのリ-デザイン編集長

橋詰 卓司(はしづめ・たくじ)

通信・放送業、人材業、スマホアプリ業の法務責任者を経て、現在、弁護士ドットコム クラウドサイン事業が運営する契約を再発明するメディア「サインのリ・デザイン」編集長。『良いウェブサービスを支える「利用規約」の作り方』(技術評論社)ほか著。

もっと読む

閉じる