• オープニング 00:12
  • 業務アプリケーション開発における課題 00:31
  • 超高速開発(ローコード開発)とは 01:51
  • 超高速開発ツールの活用事例 01:53
  • 超高速開発ツールの選定ポイント 00:37
  • 超高速開発ツール「Magic xpa」の紹介 03:38

ローコード・プラットフォームで 超高速に業務アプリ開発

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社

プログラム

ローコード・プラットフォームで超高速に業務アプリ開発

業務アプリケーション開発には、「短期開発」「レガシーマイグレーション」「モバイルデバイスの業務活用」「多様なスキルセット」などが求められている中で、慢性的な人材不足が問題になっています。

それらの課題を解決する手段として超高速開発、またはローコード開発と言われる、開発ツールを使うことで生産性の低いコーディング作業を排除し、短期間で品質の高い業務アプリケーションを開発する手法が注目されています。

DXを早期にするためのツールとして期待されている超高速(ローコード)開発ツールとはどのようなツールか?選定のポイントは?どのような使い方をすると効果的か?など、様々な疑問にお答えします。

講師紹介

サムネイル

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社

マーケティング部 / 部長

渡辺 剛(わたなべ・つよし)

大手SIerおよび外資系ソフトウェア企業でシステム営業・ソリューション営業を15年経験の後、マジックソフトウェア・ジャパン株式会社に入社

マーケティング・マネージャとして製品・サービスの販促、パートナー・アライアンスなどを担当

プログラム

ローコード・プラットフォームで超高速に業務アプリ開発

業務アプリケーション開発には、「短期開発」「レガシーマイグレーション」「モバイルデバイスの業務活用」「多様なスキルセット」などが求められている中で、慢性的な人材不足が問題になっています。

それらの課題を解決する手段として超高速開発、またはローコード開発と言われる、開発ツールを使うことで生産性の低いコーディング作業を排除し、短期間で品質の高い業務アプリケーションを開発する手法が注目されています。

DXを早期にするためのツールとして期待されている超高速(ローコード)開発ツールとはどのようなツールか?選定のポイントは?どのような使い方をすると効果的か?など、様々な疑問にお答えします。

講師紹介

サムネイル

マジックソフトウェア・ジャパン株式会社

マーケティング部 / 部長

渡辺 剛(わたなべ・つよし)

大手SIerおよび外資系ソフトウェア企業でシステム営業・ソリューション営業を15年経験の後、マジックソフトウェア・ジャパン株式会社に入社

マーケティング・マネージャとして製品・サービスの販促、パートナー・アライアンスなどを担当

もっと読む

閉じる