アジャイルで成果を出すー成功プロジェクトに共通した考え方とは?

バルテス株式会社

プログラム

アジャイルで成果を出すー成功プロジェクトに共通した考え方とは?

限られた期間の中で反復的に実装とテストを繰り返し、開発期間を大幅に短縮できる手法として「アジャイル開発」は日本でも広く認識され、注目を集めています。

とはいえ「アジャイル開発」を導入することが、即、プロジェクトの成功につながるとは限りません。

「実際にやってみたが、なかなかうまくいかない。」
「むしろこれまでのウォーターフォール型の方が品質が良かった。」
「開発者によって、ばらつきが大きい。」など、実際は悩みを抱えている方も多いと思います。

年間1,200プロジェクトのテストを請け負うテスト専門会社である私たちバルテスは多くの「アジャイル開発」案件にかかわる中で、狙った品質を確保し、アジャイル開発を成功させているプロジェクトやエンジニアには「ある共通の考え方」があることに気づきました。

本動画ではその「アジャイル開発を成功させるコツ」をご紹介します。

講師紹介

サムネイル

バルテス株式会社

R&C部 / 部長 兼 上席研究員

石原 一宏(いしはら・かずひろ)

東京工業大学卒バルテス株式会社 R&C部 部長 兼 上席研究員

年間1,200名を超える開発エンジニアにテスト・品質を教えるセミナー講師

テスト技法の開発・研究、社内・社外の技術研修・教育業務、プロセス改善コンサルティング業務に従事しつつ、ソフトウェア検証業務に携わる

開発物として大阪大学 土屋達弘教授とテストケース生成ツール『Qumias』を共同開発し、リリースを行っている

プログラム

アジャイルで成果を出すー成功プロジェクトに共通した考え方とは?

限られた期間の中で反復的に実装とテストを繰り返し、開発期間を大幅に短縮できる手法として「アジャイル開発」は日本でも広く認識され、注目を集めています。

とはいえ「アジャイル開発」を導入することが、即、プロジェクトの成功につながるとは限りません。

「実際にやってみたが、なかなかうまくいかない。」
「むしろこれまでのウォーターフォール型の方が品質が良かった。」
「開発者によって、ばらつきが大きい。」など、実際は悩みを抱えている方も多いと思います。

年間1,200プロジェクトのテストを請け負うテスト専門会社である私たちバルテスは多くの「アジャイル開発」案件にかかわる中で、狙った品質を確保し、アジャイル開発を成功させているプロジェクトやエンジニアには「ある共通の考え方」があることに気づきました。

本動画ではその「アジャイル開発を成功させるコツ」をご紹介します。

講師紹介

サムネイル

バルテス株式会社

R&C部 / 部長 兼 上席研究員

石原 一宏(いしはら・かずひろ)

東京工業大学卒バルテス株式会社 R&C部 部長 兼 上席研究員

年間1,200名を超える開発エンジニアにテスト・品質を教えるセミナー講師

テスト技法の開発・研究、社内・社外の技術研修・教育業務、プロセス改善コンサルティング業務に従事しつつ、ソフトウェア検証業務に携わる

開発物として大阪大学 土屋達弘教授とテストケース生成ツール『Qumias』を共同開発し、リリースを行っている

もっと読む

閉じる