経費精算の時間が83%減!電子帳簿保存法で変わる社員と経理の働き方

  • 株式会社コンカー

プログラム

経費精算の時間が83%減!電子帳簿保存法で変わる社員と経理の働き方

「紙の領収書で財布がいっぱい」「オフィスに帰って領収書の糊付け残業」「経費精算の承認はハンコじゃないとだめ」そんな経費精算していませんか?

コンカーの調査によると、サラリーマンは生涯52日、経費精算に費やしていることが判明。このムダな時間を無くすことが企業の生産性や働き方改革に直結します。

平成28年度に改正された電子帳簿保存法を活用すれば、スマートフォンで領収書を撮影し、その写真データを紙の領収書の代わりに使うことが可能。紙の領収書に依存した経費精算から脱却することができます。

従業員は領収書の糊張りから解放され、出先でスマートフォンを使って経費精算の申請ができるだけでなく、経理担当者もインターネットを通して申請確認ができ、紙の領収書をファイリング・保管する必要もありません。

本セミナーでは、これだけは押さえておきたい「電子帳簿保存法」の基礎について、ご紹介します。

講師紹介

サムネイル
株式会社コンカー
ソリューション統括部 ソリューションコンサルタント (JIIMA認定文書情報管理士)
宮本 友香理(みやもと・ゆかり)

2016年コンカーに入社し、電子帳簿保存法推進担当として、セミナーやWebinarのスピーカーを務める

また、AIやVRなどの新しいテクノロジーを取り入れる、Concur Labsの担当として、近未来のソリューションの紹介も行っている

趣味はランニング