訪問者を「ひとりの人」として理解する〜サイトのCX向上術〜

  • 株式会社プレイド

プログラム

訪問者を「ひとりの人」として理解する〜サイトのCX向上術〜

あなたのサイトに訪れるユーザーはどのような人で、どのような体験をしていますか?

ウェブやアプリなど顧客接点が増加するなか、全体最適化された一律の体験では訪問者の心をつかむことはできません。

属性情報だけでなく「いまこの瞬間の心の動き」までを捉え、ユーザーを「ひとりの人」として理解する。

そのうえで、その人に合った最適な体験を提供する。いまウェブサイトで求められているのは、顧客の視点に立ち、優れたCXを実現することです。

今回の動画では、優れたCX実現するための大前提となる「顧客を解像度高く知ること」にフォーカスし、その方法や事例をご紹介します。

講師紹介

サムネイル
株式会社プレイド
Account Planning
宮野 智世(みやの・ともよ)

明治大学理工学部卒業後、新卒で半導体専門商社に入社し2018年よりプレイドにジョイン

プレイドでは『KARTE』のセールス担当を経て、現在は『KARTE for App』のカスタマーサクセス、コミュニティー運営を担っている