CVR30%アップ!今つくるべき「Webサイトでの顧客体験」

  • 株式会社Sprocket

プログラム

CVR30%アップ!今つくるべき「Webサイトでの顧客体験」

今作るべき「Webサイトの顧客体験」を考えたとき、スマートフォン主流の現代では、従来のようなPCでの情報接触を前提とした設計は成立しなくなっています。

「ユーザーは自分で情報を見つけきれない」前提で設計することが重要です。

接客的なコミュニケーションや、理解度・関心度に応じた誘導など、順序立てたご案内が必要であり、顧客の行動心理を深く理解し、適切にコミュニケーションを図ることは、顧客満足度向上だけではなく成果にもつながります。

本来のCXの視点にもとづいて実行したシナリオの業界最多を自負するSprocketから、資料請求率180%など実際に成果につながったWeb接客事例をじっくりご紹介します。

講師紹介

サムネイル
株式会社Sprocket
代表取締役
深田 浩嗣(ふかだ・こうじ)

1976年10月7日生まれ

京都府出身、京都大学工学部卒業。同大学院在学中、株式会社ゆめみ創業

15年に渡りモバイル領域でのデジタルマーケティングを支援の後、デジタルマーケティングの未来は企業と顧客の関係に日本古来の「おもてなし」の姿を実現することにあると考え2014年株式会社Sprocketを創業

短期的なCVRの向上にとどまらず、中長期的なLTVの向上の支援を目指す

著書:
「いちばんやさしいコンバージョン最適化の教本」
「ゲームにすればうまくいく ―<ゲーミフィケーション>9つのフレームワーク 」
「ソーシャルゲームはなぜハマるのか」