デジタルトランスフォーメーション(DX)時代を乗り切る最新のITインフラとは

  • APRESIA Systems株式会社

プログラム

デジタルトランスフォーメーション(DX)時代を乗り切る最新のITインフラとは

日本の多くの企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みに乗り出しています。

経済産業省が発表した「DXレポート」では、レガシーシステムが温存され続け、DXが進まなかった場合、2025年には最大で年間12兆円の経済損失が生じる可能性があると警鐘を鳴らしています。

DXを本格的に展開するには、まず最初にDXの基盤となるITインフラの刷新が必要不可欠です。

本セミナーでは、あらゆるシステムやアプリケーションの基盤となる、ネットワークインフラのモダナイゼーションを解説します。

講師紹介

サムネイル
APRESIA Systems株式会社
企画本部 ビジネス開発部 マーケティンググループ 主任
栗田 昌典(くりた・まさのり)

2003年に日立電線株式会社へ入社し、ネットワーク製品のシステムエンジニアを担当

2016年に会社の独立を経て、APRESIA Systems株式会社に転籍

ネットワーク関連製品の新商材の製品企画や営業の提案サポート、また展示会/セミナーの企画・運営に従事