新卒採用で「個」にフォーカスすべき理由とは?

  • 株式会社グローアップ

プログラム

新卒採用で「個」にフォーカスすべき理由とは?

これまでの新卒一括採用の形では、求人広告媒体で学生を募集し、自社にあう学生を探す選考が主流でした。

例えば、10名採用するために500名の母集団を確保した場合、採用担当者は多くの時間を"490名を落とすために"割いているのです。

しかし、売り手市場となった今の新卒採用市場で、一部の超大手企業以外ではこの方法は通用しません。

採用は企業にとっても大変なことですが、学生も「落とすための選考」を繰り返されることに疲弊しています。

そこで「学生を惹きつける選考」を徹底することが、他社との差別化につながります。

この動画では、選考・内定辞退率の増加が叫ばれる今の新卒採用市場で、学生に選ばれる企業になるための「学生を惹きつける選考」のノウハウをお話します。

講師紹介

サムネイル
株式会社グローアップ
新卒事業部 マネージャー
松山 朋子(まつやま・ともこ)

1989年、福岡県北九州市生まれ

2012年に学習院大学卒業後、大手のメーカーで営業を経験

翌年2013年、グローアップに入社し、2016年新卒紹介事業部のマネージャーに就任する

マネージャー就任後は、同事業部が運営するスカウト型逆求人サービスの 『キミスカ』を 2020年採用において9万人の就活生が使うサービスへと成長させた

現在は、『キミスカ』の発展だけでなく、「採用の最先端を走り就活で日本を元気に」をミッションとして企業の採用課題に着手し、企業と就活生の更なるマッチングを創造している