知らないと経営リスクに?!従業員300名以上の企業における労働生産性を最大化できる「BtoE Tech」とは?

  • ARアドバンストテクノロジ株式会社

プログラム

知らないと経営リスクに?!従業員300名以上の企業における労働生産性を最大化できる「BtoE Tech」とは?

現在、日本において人口減少と少子高齢化が進み、出産・子育て・介護で離職率が増加するなど労働人口も減少しています

それらをカバーするために、企業は働き方改革を進め、労働生産性を向上してくことが急務になっています

その中で、新たに注目されているが「BtoE Tech」という考え方です

BtoE techは企業全体の生産性の最大化を図り、「人が人らしく働ける環境」を促進していくことができます

本動画では、働き方改革を進め、労働生産性を向上していくことに欠かせない「BtoE Tech」という考え方、「BtoE Tech」がもたらす効果についてご紹介させていただきます

講師紹介

サムネイル
ARアドバンストテクノロジ株式会社
プロダクトセールス部 シニアコンサルタント
木村 仁(きむら・じん)

オープンソースが企業で使われ始めた黎明期に、オープンソースに特化したソリューションやSI提案に従事

その後、インフラ技術者としてIaaSやデータセンター、バックボーンネットワーク等の設計・提案を行い、自社インフラプロダクトのパートナー事業拡大のためのエコシステムを企画し運営

モバイルICT事業のシステムプランナーを経て、ARアドバンストテクノロジへ入社

現在は、働き方改革とAIを結び付け、本当の意味で使われる「AIチャットボット」を目指し日々奮闘している

新着動画

新着動画

※会員登録すれば、無料でセミナー動画を視聴できます