AIチャットボットはもう古い!?2020年こんな導入が進んでいる

  • 株式会社アイアクト

プログラム

AIチャットボットはもう古い!? 2020年こんな導入が進んでいる

質問に対する回答を応えるだけのチャットボットの時代が過ぎ、第2次ブームに突入しました。

2020年のAIチャットボットツールには新しい役割が求められるようになってきています。

チャットボットに依頼をかけて処理までしてもらう、会話起点で必要な資料を見つけてもらう、など様々な使い方が出てきています。

ご利用のAIチャットボットでなかなか成果が出せていない企業様。

FAQ応答システムから次の段階がうっすらと見えてきた企業様。

効果や成果に疑問がありチャットボット導入を躊躇されていた企業様。

そのような企業の情報システム部門、バックオフィス部門、事業部門、広報・マーケ部門などすべてのみなさまにとって有益な情報をお届けいたします。

講師紹介

サムネイル
株式会社アイアクト
人工知能・コグニティブソリューション 取締役 CTO 人工知能・コグニティブソリューション担当
西原 中也(にしはら・ちゅうや)

2001年アイアクト入社。

前職・編集の情報整理力とシステムの知見を活かし、ニュースサイト運用から大規模なシステム構築など幅広くWebとシステムの制作を行う。リニューアル、運用など、手がけたサイトは200程度

2016年3月に、Webと人工知能の連携をテーマに事業部を立ち上げる

現在は、IBM Watsonを利用したチャットボット、検索サービスの開発・導入支援を行いながら、AIの導入支援、コンサルティング、社内インナーセミナー登壇なども行う

人工知能学会会員。東京大学中退

新着動画

新着動画

※会員登録すれば、無料でセミナー動画を視聴できます