経営観点での、非常事態宣言下にも継続可能な開発体制を考える

  • 株式会社コウェル

プログラム

経営観点での、非常事態宣言下にも継続可能な開発体制を考える

DX推進のために、企業のシステム開発の現場では開発スピードが重要です。それは、withコロナ/afterコロナ時代も変わりはありません。

急遽2020年4月より、多くの企業が経験してた”原則リモートワーク"。開発プロジェクトによっては、外注常駐スタッフ活用や、情報管理の関係で従来はリモートワーク に対応していなかったプロジェクトも、急遽リモートワーク へ対応する必要に迫られているのが現状です。

そして多くの企業が、運用を工夫しリモートワーク の範囲を拡大しています、実は、リモートワーク への対応、それはオフショア開発の入り口です。

リモートワーク可能なプロジェクトが増えるということは、オフショア活用範囲が拡大しているという事実が見えてきます。本セミナーではオフショア開発企業が実践しているリモートワーク のノウハウをお伝えしていきます。

講師紹介

サムネイル
株式会社コウェル
取締役 営業本部長 兼務 HR-Biz本部長
吉田 謙(よしだ・ゆずる)

東京大学法学部を卒業後、通信会社での市場開拓・マーケティング担当、ベンチャーでのソフトウェア事業立ち上げ及び営業・開発責任者を経験

2006年に独立しITベンチャーのスタートアップ支援・SI企業の新規事業コンサルティングを行ったのち、2011年オフショア事業開始を機にコウェルに参画し、事業開発・コンサルティング・管理部門を経て、現在営業および人材事業責任者を担う

新着動画

新着動画

※会員登録すれば、無料でセミナー動画を視聴できます