Withコロナに備える一手!Googleクラウドの全体像

  • 株式会社トップゲート

プログラム

Withコロナに備える一手!Googleクラウドの全体像

2020年早々に全世界を席巻したコロナウィルスにより企業の強制的なテレワークが促進され、さらには人々の働く事や生きる事への意識、考え方が大きく変化した。

企業がアフターコロナを生き抜くにはもはや古い発想や常識は全く通用せず、ニュースタンダードの発想に切り替える必要がある。

本セッションではGoogleのクラウド技術の全体の説明とともに、旧来のITとの違いやデジタルトランスフォーメーションの本質を簡潔に説明する事により、アフターコロナの時代に企業の経営者がどのようにGoogleの技術が経営に役立てるかを知り、今後の活動のヒントになる事を目指す。

講師紹介

サムネイル
株式会社トップゲート
代表取締役
加藤 昌樹(かとう・まさき)

10歳からコンピュータに興味を持ち、独学でプログラミングを習得。大学では経営学部で学問としての経営を学ぶかたわら、実際に飲食店を経営。

大学卒業後、IT企業で販売管理ソフトの開発会社に就職後、いくつかのシステム開発会社にてアーキテクトなどを担当。

2006年、ITシステムの設計様式・構造を考え、具体的解決策を提案するプロフェッショナルである「ITアーキテクト集団」として株式会社トップゲートを創業。

リーマンショックを機にGoogle App Engine、G Suite、AndroidなどGoogle専門でのシステム開発に注力し、のちにGoogleのパートナーとなりGoogle Cloud Platformの普及に寄与。

著書:「Google Cloudを使い倒せ!ゲームチェンジ時代の企業改革」

新着動画

新着動画

※会員登録すれば、無料でセミナー動画を視聴できます