エンドポイントセキュリティの最適解/テレワーク時代に求められる安全性

  • 株式会社GRCS

プログラム

エンドポイントセキュリティの最適解/テレワーク時代に求められる安全性

新型コロナウイルスに伴う、「新しい生活様式」への対応が求められている現在、リモートワークを前提とした就業スタイルがスタンダードになっていくと考えられます。

エンドポイント(端末)のセキュリティを担保する上で、インターネットに接続する端末と重要情報を扱う端末を別にするインターネット分離という選択肢を取る企業も増えていますが、リモートワークを想定するとこの方法は現実的ではありません。

本セッションではそのような課題を克服し、利便性とセキュリティのバランスの取れた新しい防御方法について、コンサルタントがわかりやすくご説明します。

講師紹介

サムネイル
株式会社GRCS
セキュリティサービス部 セキュリティコンサルタント
北島 康晴(きたじま・やすはる)

大学卒業後、SIerにて複数顧客の大規模なストレージ基盤導入プロジェクトに参画し、設計や構築作業、運用支援業務等を幅広く経験

その後株式会社GRCSにて、エンドポイントのセキュリティ担当に着任し、DLPやEDRのソリューション導入を多数担当

Bromiumについては、日本発売直後から製造業向け大規模導入案件に従事し、現在は同製品のエヴァンジェリストを務める

新着動画

新着動画

※会員登録すれば、無料でセミナー動画を視聴できます

特集